お手元に届いたフェイクグリーンをお部屋に飾る前に、ちょっとひと手間かけていただくと表情が全然違ってきます。

このページではフェイクグリーンディスプレイのコツをご紹介いたします♪
小さなニッパーと麻ひもがあればOK☆
どちらも100円SHOPで売っています。
※ケガには充分ご注意ください!

準備物


ツルtype編

ツルtype初期状態

ツルtypeの場合、届いた時にはだいたいこんな感じにキュッとスリムになっています。
このまま使ってしまうとフェイクっぽさが目立ってしまうので、より自然らしさを出すためによくほぐしていきます。

商品によってはマット感をだすための粉が落ちてしまうことがありますので出来るだけ丁寧に・・・♡



すべての葉やツルをバラバラにするくらいの気持ちで広げていってください。(画像はすべて1本です)
最初はキュッと細くまとまっていたグリーンも、よくほぐしていただくとこんなにも自然なフォルムに♡

スパニッシュモス

ミニボタンリーフ

オランダアイビーガーランド



あとは飾りたい場所に連れて行ってあげてくださいね(*^_^*)

持ち手の処理

ツルtypeグリーンの持ち手部分が飾る際にどうにもジャマで困る・・・という場合には思い切って取ってしまうのもひとつです。ちなみにスパニッシュモスはエイッと外すとこんな感じになってます。

持ち手の処理



樹脂を外してワイヤーだけならペンチなどで折り曲げることも可能ですし、根元から切ってしまって麻ひもなどで束ねてしまえばずいぶんスッキリします。

ちなみに我が家では今こんな感じで吸排気口やコンセントタップを隠しています☆1枚目がアッシュグレイスパニッシュ、2枚目がスパニッシュモス、どちらも3本使っています。

吸排気口

コンセントタップ



ただし、これはメーカー推奨の取り扱い方法ではありませんので・・・そのあたりはご承知くださいね(*^_^*)

ピックtype編

ピックtype

ピックtypeはもともと大きめのアレンジなどに使う事を想定して作られていますので、さし込むためにピック状となっています。

もちろんそのままお使いいただいても良いのですが、流行りのエアプランツ系などはそのまま棚にコロンと置いてお使いいただくことも多いと思いますので、そういうときにはカットしてしまいましょう。


ピックtype

小さなニッパーで簡単に切れますので、根元ギリギリのところでカットしてください。

中芯にワイヤーが通っていることが多いので、気になる方は切断面を金属ヤスリなどで削って表面をなめらかにしてくださいね。


ピックtype

あとはこんなふうにポンと置くだけで・・・雰囲気がグッと変わります☆

こういったパネル系のものや、お気に入りの雑貨などの横に少しかぶせる形で置いていただくと、バランスがとりやすいですね。

少し大きさの違うティランドシアを組み合わせて飾るのもオススメです♡


バンチtype編

バンチtype

「バンチ」とは英語で「束」という意味です。
フェイクグリーンの中でもラフィアなどで束ねてあるものがよくあります。

このままでもカワイイのですが、一度はずして少し縦位置をずらしてみましょう。


バンチtype

まとめてあるラフィアをほどいていただければOK。
数本ずつに分けてお使いいただくこともできます。

最初はすべてが同じ高さの状態でまとめられていることが多いので、奥を少し上にあげて、手前を少し下にさげて、、、というように高さがランダムになるよう位置をずらしてから再度束ねてみてください。


バンチtype

全体のフォルムが自然な感じに仕上がります。
このひと手間をかけてあげるだけで、「フェイク=作りもの」のイメージがずいぶん変わります。



こんなふうに「少しだけ」手を加えるだけで可愛さがグンとUPしますので、ぜひ皆さまもお試しくださいね♪

ショッピングページへ


HOME