近頃オシャレな雑貨屋さんでは必ずといっていいほど,ディスプレイに使われているスパニッシュモス。
もちろん本物が素敵だけど、熱帯地方の植物は日本の気候だと育てるのはなかなか難しいのが現実です。

そこで管理のいらないフェイクのスパニッシュモス☆
お部屋をオシャレに演出してくれます♪



スパニッシュモス



新しいスパニッシュモスが続々登場!5種類の比較を載せていますのでどうぞこちらもご覧くださいね☆
 ⇒NEWスパニッシュ特集


それではまずスパニッシュモスを飾る前の準備からまいりましょう。

DSC06697.JPG

届いたときにはおそらくこれくらいにキュッとなっている状態かと思います。

箱に詰まって納入されてくるので、出してすぐのスパニッシュはこんな感じのスリムさんです。


DSC06702.JPG

まずは丁寧にほぐしましょう。

かなりひっかかる形状ですので、ちぎってしまわないようにそぉ~~っと・・・

充分ほぐしてあげるとこんなに広がります。


DSC06706.JPG

1本でも充分素敵なのですが、3本くらいまとめるとかなりボリュームが出ます。

複数本まとめるときには根元部分を麻ひもなどでしばってしまいましょう。
その時に少し位置をずらして束ねるのがコツです☆


DSC06709.JPG

そうすると先の方がすぅーっと細くなるシルエットになります。

いかにも本物らしくなってきましたね☆


DSC06715.JPG

何に入れて飾ればいいですか?と質問されることがよくあります。

でも、スパニッシュモスを飾るための器なんて無くても全然大丈夫!

先ほど束ねた麻ひもにS字フックをひっかけて・・・


auto-gQjf4l.JPG

壁にフックや釘などが出ていればそこにひっかけるだけ☆

スパニッシュモスが壁にふわっとかかっているだけで・・・素敵ディスプレイの出来上がりです♪

ひっかけたら形を整えましょう。
ゆるふわパーマヘアをワックスでくしゅくしゅっともみこむ感じで・・・ふんわり仕上げていきます。
最初にほぐすときにひっかかって大変でしたね。
ということは・・・逆にすぐひっかかってくれる、ということですので、ふんわりさせたい部分を少し持ち上げてまわりのツルにキュッとからめてあげれば案外そのままの状態でとどまってくれます。

それぞれのツルがなるべく同じ長さにならないようにランダムな感じで♪



難しければ、少しずつ長さをカットしちゃうのもひとつ。
買ってすぐにイキナリ切っちゃうのは少々勇気がいりますが??
その方が素敵なシルエットになるならアリです☆

あ、でも少しずつ様子を見ながら切ってみてくださいね。


DSC06712.JPG

それでも・・・
どんなに注意しながらほぐしていても・・・
「プチッ」となることがあります。

でもすぐに捨ててしまわないで、ちょっと確認してみてください。
こんなふうにジョイント部分が外れただけならまた元に戻せます。



長さに変化をつけたい場所に、違うところからわざと外して付け直す、ということもできちゃいます☆

ほぐして束ねるとかなりのボリュームになるスパニッシュモス。
壁面に大きなグリーンが入るとお部屋のイメージがグッと変わります。
そのまま飾られる場合は可能な限り高い位置に飾ってください!
スパニッシュモスの魅力がますます高まります☆

スパニッシュモスのページ

また、ツルtypeのフェイクグリーンを飾るときは、何かの雑貨とコラボさせると素敵度がアップします。

auto-fEexHp.JPG

定番はフレーム系に合わせること。

好みのデザインのフレームや鏡などの上角あたりからはらりとかけてください☆


moss.jpg

アイアン雑貨との相性も抜群です。
チェーンにかけておくだけで雰囲気UPです♪


DSC08793.JPG

こんなふうにペンダントタイプの照明に合わせても素敵ですね。

※電球に直接当たらないようにご注意ください。


spa-r-2.JPG

くるくる巻いてリースにしてもかわいいです☆
巻いてから細いワイヤーなどで数か所をとめれば出来上がり。

根元部分が少し重いので、飾るときには上部に持っていき最後に吊り下げるためのひもなどは根元部分のあたりにつけてください。

下部に根元部分がくると重みで形がくずれやすくなります。


ca-r-2.JPG

クリスマスの季節にはキャンドルリースにしても素敵ですね。



スパニッシュモスのページ


そんな素敵アイテムのスパニッシュモスにNEWタイプが仲間入り♪

NEWスパニッシュ特集

NEWスパニッシュ特集
イチオシのスパニッシュモスは現在5種類♪
どのタイプを選べばいいのかシーン別にご紹介☆


ご購入いただいたお客様のディスプレイもとても参考になりますので、ぜひご覧ください♪
ツルtypeのディスプレイ